ちいさいモモちゃん

児童文学作家の松谷みよ子さんがお亡くなりになりました。
おそらく、多くのお母様方や先生方が、最初に子供に読み聞かせたであろう

赤ちゃんシリーズ
いないいないばあ

の作者です。

私はこのモモちゃんシリーズで育った世代。なぜか2冊同じ本が。。
娘2人に持たせようと、色違いが出たので買ったものです。
IMG_1386

実家にはボロボロのちいさいモモちゃんがあります。
写真が、挿入してあるんですよ。
これがもうとっても可愛らしくて
パンツのうた、の章では
ピンクとしろと水色のパンツが欲しくてたまりませんでした。

黒ネコのプーがしゃべったり
モモちゃんのために、野菜やお肉が行進してきてカレーをつくろうとしたり、
お仕事で帰ってこないお母さんにキレて(笑)モモちゃんが家出して
駅からお空にむかう電車に乗り、
お母さんが恋しくなって、泣き出した涙で
わたあめの雲がとけて、地上に落ちて無事にお家に帰ってくる

というまあ、ファンタジーミステリーのような。
幼い頃は
ハラハラドキドキしたものです。

一方で、タブーだった離婚についての話もあって、
昔は、ただ怖いだけで全く意味がわからなかったのですが、
ご主人と死神を重ね合わせて表現する事で、
児童文学作家として、職業婦人の最先端を
突っ走ってらした、松谷さんの苦悩が
この年になってよくわかります。

晩年の講演も聞かせていただきましたが
本当に穏やかで、素敵な方でした。

世代を超えて読み継がれていく本。
素晴らしいですね。

早速、今晩読み返してみたいと思います。